サッカー、野球、テニス、ゴルフ、短距離に必要な筋肉

瞬発系のスポーツ筋肉

短距離走を始め、ウェイトリフティング、柔道などは、瞬間的にパワーを発揮するハイパワー種目。
テニスやバスケットなども瞬発種目の一つですが、10秒から2分間でパワーを使い切るようなミドルパワーが必要になると思います。瞬発系と持久系種目という位置づけになる。野球も持久系に相当する筋肉になりますが、バッテリー以外は瞬発系に格闘すると考えられます。

 

瞬発系は0〜10秒程度の間にフルパワーを発揮しなければいけないので、強い筋肉を作らなければいけない。それに対して、筋力の維持はもちろん、筋力の増加を図る必要があります。バランスのとれた食事をしながらも「BCAA、クレアチン、コラーゲン、ペプチド」などを摂取することが重要になります。

 

 

「BCAA」

瞬発力を発揮する筋肉を維持するためにも、普段から積極的に摂取したい栄養素、アミノ酸ですね。
特にパワーを出したいときにすぐ出せるし、エネルギー源としてのアミノ酸であるBCAAを摂取することで、力を出したいときに、うまく力が出てきます。

 

「クレアチン」

瞬発系にオススメなのはクレアチン。
体内に入れると、早めに使われ、短時間で最大限の力を発揮してくれます。運動、能力を高めることが研究でわかっている。濃度が高まると、水を耐えるため、十分な水分補給が必要になりますね。

 

「コラーゲン」

ケガ予防などにもおすすめのコラーゲン。
健康維持はもちろんですが、その他にも普段からビタミン、ミネラルを摂取しておきたいところ。また負荷のかかりやすい関節や筋がスムーズに動かせるように、コラーゲン、カルシウムをとっておくこと。

 

「ペプチド」

特に激しい運動の後にオススメなのがペプチド。
たんぱく質を分解したアミノ酸の結合体で、疲労時でも特に体に吸収されやすいのでオススメ。牛乳由来のホエイと大豆由来のソイがありますので、食事やサプリなどで吸収すること。

 

筋肉増強剤の「アナポロン、プロビロン、アンドリオール」など、筋肉を鍛えるのには必要不可欠ですが、筋肉の維持や疲労回復など、他の面を考えたときには、バランスを考えた栄養分もしっかりと吸収することが重要になります。