サスタノンの使い方

一度注射することで長い効果が期待することができます

筋肉や筋肉増量の強化に抜群に効果を発揮すると期待されているのがサスタノンですが、このサスタノンには4種類のテストステロンが配合されています。

 

一体どんなテストステロンが配合され、筋肉を増やすことができるのでしょうか?

 

サスタノンは異なった性質のエステル系テストステロンを組み合わせて配合されてあります。

 

ですからおよそ2か月もの間、体内にとどまることができるので、1回の注射で長く効果を持続させることができると言われています。

 

ビルダーから多くの支持を受けている筋肉増強剤で、デカデュラボンやプリモボラン、アナドロールやダイアナボルなどといった多くの種類の筋肉増強剤との相性も良いです。

 

そのため頻繁に使用され、併用されているのがサスタノンというステロイドです。

 

4種類のエステルのテストステロンが調合されていることから、4つの違う筋肉増強剤を得ているようなものだと考えて良いでしょう。

 

異なるテストステロンのとどまる期間はそれぞれ違います、順番にその効果を発揮していくことになると言われています。

 

ですからその効果の持続性があると言われるのです。

 

 

テストステロン剤は多ければ多いほど強い効果を発揮します。

 

健康な男性を対象に20週間テストステロンを投与したところ、600rでは8.9sもの筋肉量が増えたとも言われているのです。

 

充分な効果を得たいという人なら、600r以上は必要という算段になります。

 

ただしあまりに多すぎてもリスクが高く副作用も高まりますから、目安は守っておくべきでしょう。

 

また使用期限も決まっており、12週間から16週間が目安となります。

 

個人で使う場合は16週までが限度であると覚えておくと良いですね。

 

20週という周期は医師の監修のもと行われた結果でありますから、個人で使う場合は12週もしくは16週が限度とされています。

 

あまり長期にわたって使うと睾丸機能が低下する恐れがあると言われています。

 

そのような副作用を避けるためには、12週前後でとどめておくと良いでしょう。

 

副作用についてはニキビや血圧上昇、前立腺肥大や乳房女性化などがあります。

 

これはアナボリックステロイドを使う際にはどうしても避けられない副作用という事ですね。

 

 

このような事から一般的なテストステロンの注射を何度も打つよりも、サスタノンを一度注射することで長い効果を期待することができますから、より患者の負担が減るというメリットが存在します。