目の疲労にも効果的

目に対するトレーニングをすることで効果が現れてきます

体の筋肉を鍛えることを趣味としていますが、最近になりこだわっているのが、目の周りの筋肉を鍛えることです。そんなことをしてなんの意味があるのかと思う人もいますが、実は眼の視力を和らげたり、疲労回復にも繋がると言われているために、パソコンの仕事をしている人におすすめです。

 

そもそも視力が落ちたりするのは、この目の周りの筋肉が低下してしまうからです。目の周りの筋肉が固くなり、筋肉が非パテも厚さが変わりにくくなって焦点側なくなるからなんです。水晶体の部分は筋肉ではないのですが、タンパク質などので編成により起こっています。そのために、目の周りの筋肉を普段から使いすぎることで、疲労が起こります。

 

たとえば、パソコンを長時間に渡り使うことで、周りのすじに疲労が溜まりやすくなります。

 

そのために、冷やしたり温めたりすることで疲労を緩和させることが出来るという話を聞いたことがあると思いますが、あくまでもこれは調節を整えるだけで、視力アップにはつながりません。

 

目の周りの筋肉を整えることが大事です。

 

たとえば、遠くを見ながら目を大きくしたり、急に閉じたりします。これはなんの意味があるのかというと、目の周りの筋肉の筋に対して、圧力を与えて、十分な強さが与えることが出来るために、徐々に筋の部分が強くなります。

 

あくまでも直ぐに効果が出るわけではありませんが、毎日の積み重ねで、ジョジョ効果が現れると言われています。

 

一時的に目が疲れて焦点が合いにくくなったり、する場合にも、遠くを目て目を大きくすると、緩和させることにも繋がるために、是非試してみてください。